動画投稿で注意する事

動画投稿で注意する事

動画を撮って投稿をする際に色々と注意すべき点というのがあります。

 

カメラで撮った映像というのは、左右が反転してしまう為に自分が右手をあげたとしても、観ている人には左手が上がっているように見えるという事です。

 

そのせいで説明などをしていると、観ている人は難しくなってしまうので、そういった面を考慮したものを作ると良いです。更にこの時に左右反転をして動画投稿する事で問題は解決されます。

 

また、動画においてよくあるのが音と動画が上手く調整されていないものです。これは音がズレてしまったり、途中で飛んでしまったりするものもあるので、そういった面では注意が必要になります。

 

この2点というのは観ている側に不快感を与える事もあるので、発見した際には早急な対応が求められます。その他にもあまり気付かないのが、音と動画の音量のバランスです。

 

大き過ぎず、小さ過ぎずといった微妙の調整というのが必要となりますし、投稿後もしっかりと自身で再生して観る側の立場で観てみると理想の動画に仕上がります。

 

これを怠ってしまうと次に見てくれる人も少なくなりますし、次作にも影響する事があります。

 

動画投稿の時には視聴者目線に立った編集が重要となりますので、撮った後の編集にも力を入れる事が大切です。