オンラインカジノは合法なのか?

日本では、賭博法により決められたもの以外にお金を賭けることは許されていません。

競馬やボートレースなどは法律で認められていますが、相撲やプロ野球の結果にお金を賭けるのは禁止されていますし、仲間内の賭け麻雀や賭けゴルフも違法です。

このように法律で決められたもの以外は全て違法と判断されるなら、インターネットのオンラインカジノは合法ではないと思うかもしれません。

もし法律で認められない違法なギャンブルなら、オンラインカジノを始めたくても始められないでしょう。

しかし現時点でオンラインカジノは、合法でも違法でもないグレーゾーンとされています。

オンラインカジノがグレーゾーンである理由は、現時点では取り締まる法律がないからです。

日本の賭博法は、賭けをしているプレイヤーを目的に逮捕できません。

運営している胴元の検挙を目的に逮捕しているので、オンライカジノの場合はこの規定に当てはまりません。

オンラインカジノを運営する会社は日本の法律が及ばない海外にあり、しかも拠点がある国では合法です。

政府の許可を受け合法的に運営されていますから、日本の警察が検挙することはできません。

実際に過去に賭博罪でオンラインカジノプレイヤーが逮捕されましたが、裁判で争う姿勢を見せた相手には検察が不起訴(無罪)にしました。

不起訴(無罪)の事例があることから、日本では逮捕されることはないと考えられています。

しかし絶対に合法で逮捕されないかというと、そうではありません。

オンラインカジノの形態によっては、胴元とともにプレイヤーが逮捕される恐れはあります。

プレイヤーが逮捕される恐れがあるのは、インカジと呼ばれるインターネットカジノカフェです。

ネットカフェを装いオンラインカジノを利用し胴元と客が直接金銭をやりとりする店舗は、日本の法律では合法ではありません。

違法と判断され逮捕・起訴されますから、違法にならない範囲で楽しむようにしましょう。

これは日本のパチンコで言う闇スロのようなものです。

普通に海外の大手企業が運営をしているオンラインカジノを利用しておけば問題ありません。

今後法律が変わるようなことがあるかもしれませんが、現状では何の問題もなく利用できると思っていいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする