オンラインカジノのライセンス制度

オンラインカジノでは、ライセンス制度が導入されています。制度が導入されるまでは、とても悪徳業者が多くて被害を受けたプレイヤーが続出していたのです。

入金しても反映されずにサイトが閉鎖されたたり、出金ができないようになっていたりして悪徳業者が跋扈していました。警察なども取り締まり強化などをしたのですが、悪徳業者は後を絶たずライセンス制度が設けられたのです。

オンラインカジノのライセンスを発行しているのは、20カ国以上あるとされています。

ただし、発行するための難易度は、国や島などによって異なります。

取得難易度が高いのが、「イギリス」「マルタ共和国」「マン島」「ジブラルタル」「キュラソー島」「オルダニー島」「アイスランド」などです。

いずれも取得難易度が高いため、これらからライセンスを取得している運営会社は信用することができます。

オンラインカジノのライセンスを発行している国の中で、信用性に欠けるのが中南米系の国々です。

一定の金額を払ってしまえば取得できると言われており、あまり信用することができません。

悪徳業者だと断定することはできませんが、取得難易度は低くて信用は低いです。オンラインカジノを利用する場合、できるだけ中南米系でライセンスを取得する運営会社は避けるのがおすすめです。

また、ライセンスは取得したら終わりだと考える方がいますが、実はそうではありません。監査機関は、取得後も定期的に監査しています。

不正がないのかチェックしているのです。

しかも、不正のチェックは運営会社だけでなく、ソフトウェアを提供している会社までチェックしているのです。

公平性が保たれているのかチェックし、プレイヤーに不利益がないようにしています。

そのため、安心してオンラインカジノを利用するためには、ライセンスをチェックするのが重要です。難易度が高い国で取得している運営なら安心してプレイすることができます。

事前にどこで取得しているのかチェックするべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする