レッドタイガー社(RED TIGER)の特徴と人気台

レッドタイガー社(RED TIGER)はオンラインカジノでは定番のゲームプロバイダーです。

このサービスは他のゲームプロバイダーと比べてまだ若い会社です。

知名度はそんなに高くないですが上質なゲームを作っています。

2014年にベテランのスタッフが集い設立された会社で専門家グループのサポートなどを受けています。

ゲーム開発実績においてはヨーロッパやアジア圏内でかなり知られていると言えるでしょう。

どういうスタッフで構成されているのかというとグラフィックデザイナーや心理学者、ソフトウェア開発者やオーディオエンジニアなどです。

他にも数学者やギャンブルエキスパート、など多種多様な方が在籍しています。

レッドタイガー社(RED TIGER)が販売しているゲームを紹介すると、「NinjaWays」と呼ばれるものがあります。

これは忍者をモチーフとしたスロットゲームで、外国人受けを狙っているのが特徴です。

登場する絵柄も忍者がモチーフのものが多く、ヌンチャクや手裏剣などがあります。

ミニフィーチャーがいくつか用意されていて、人衆屋が登場します。

忍者ドアと呼ばれるものはスピン開始時に暗転して忍者が登場する演出です。

フリースピンボーナスはリール1から右抜きに隣接する5つ以上の絵柄が停止すると獲得できます。

他にも人気台としてマヤゴッズと呼ばれるものがあります。こちらはマヤの神をもテーマにしたスロット台で、落ちゲー式のゲームを楽しめるのが特徴です。

基本的にマルチプライヤー増大を行うルールを採用します。追加回数は無制限なので連鎖が続く限りはどこまでも増やす事が可能です。

フィーチャーもマヤをモチーフとしたものが多く日食やマヤの王といったものが用意されています。

独自の絵柄としてマヤのUFOがあります。

低位絵柄をすべて変化させてくれるのが特徴で高位絵柄に変化してくれます。

リール内がすべて低位絵柄になると最高賞金を獲得する事ができるのが特徴です。見た目も華やかな台が多くユーザーを楽しませています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする